【動画】けさ早くから雪が降り始め一面が銀世界に 富山 南砺

冬型の気圧配置の影響で13日の富山県内は冷え込みが強まって山沿いの一部の地域では雪が降っています。世界遺産に登録されている南砺市の五箇山にある相倉合掌造りの集落では、13日朝早くから雪が降り始め一面が銀世界になりました。

日本海にある低気圧の影響で冬型の気圧配置が強まり、13日朝の富山県内の最低気温は南砺市高宮と富山市八尾で1.4度などとほぼ平年並みですが12日よりも4度から6度ほど低くなりました。

世界遺産に登録されている南砺市の五箇山にある相倉合掌造りの集落では13日朝早くから雪が降り始め一面が銀世界になりました。

NHKが集落に設置したカメラからは、あっという間に雪に埋め尽くされた集落の道で住民が寒そうに歩く様子などがうかがえました。