火球 10日夜に日本国内の広い範囲で観測される

10日午後7時すぎ、流れ星の中でも特に明るく輝く「火球」が国内の広い範囲で観測されました。

愛知県や千葉県などにあるNHKのカメラで、明るく輝く火球が尾を引くように数秒間にわたって流れ落ちる様子が撮影されました。

国立天文台にも、埼玉県や福岡県などの広い範囲で火球が目撃されたという情報が寄せられているということです。
神奈川県の平塚市博物館の藤井大地学芸員によりますと「けさも火球が観測されていて、流星群が活発に見える時期なので、年末年始にも見つけることができるかもしれません」と話していました。