自民 石原元幹事長 内閣官房参与を辞職 雇用調整助成金受領で

自民党の石原伸晃元幹事長は、みずからが代表を務める党の支部が60万円あまりの「雇用調整助成金」を受け取ったことで混乱を招いたなどとして、今月はじめに就任した内閣官房参与を辞職しました。

自民党の石原元幹事長は、今月3日に観光政策を担当する内閣官房参与として起用されましたが、その後みずからが代表を務める自民党東京都第8選挙区支部が去年、国の「雇用調整助成金」あわせて60万円余りを受け取っていたことが明らかになりました。

岸田総理大臣は10日夜、総理大臣官邸で記者団に「石原氏から公正な手続きにのっとった受給だが、混乱を生じることで、迷惑をかけることは自分の本意ではないので、職を辞したいと申し出があり了とした」と述べ、石原氏が内閣官房参与を辞職したことを明らかにしました。

そのうえで「就任してから間を置くことなく辞任となったのは、混乱であることは否めない。このことは遺憾であり、申し訳なく思う」と陳謝しました。

また、今回の起用が適切だったか問われ「石原氏の経歴や経験は政治を動かす意味でも大変大きなものがある。こうした経験に鑑み、力を貸してもらいたいという思いでお願いした」と述べました。

一方、石原氏と同様にみずからが代表を務める党の支部が「雇用調整助成金」を受け取っていた大岡 環境副大臣について「政治家として、経歴や立場、自分が与える政局への影響はさまざまであり、それを総合的に見て身の処し方を判断するということだと思う。説明をしっかりと尽くしてもらわなければならない」と述べました。