80代男性運転の車 スクールバスなど次々と衝突 10人けが 東京

9日夕方、東京 江東区でスクールバスなど車5台が絡む事故があり、子ども4人を含む合わせて10人がけがをしました。

警視庁と東京消防庁によりますと、9日午後4時20分ごろ、江東区三好の交差点で、80代の男性が運転する乗用車が道路脇に止めてあった車やインターナショナルスクールのバスなどに次々に衝突し、合わせて5台が絡む事故となりました。

この事故で、6歳から10歳までの子ども4人を含む男女合わせて10人がけがをして、病院に搬送されました。

このうち80代の女性が、ろっ骨を折る大けがで、9人は軽傷とみられるということです。

現場は、清澄白河駅から南におよそ200メートル離れた商店や住宅が建ち並ぶエリアで、警視庁が事故の状況を詳しく調べています。

現場近くの人は…

現場近くの商店で働く20代の女性は、「お客さんが道路脇に車を止めて店に入ろうとした時、白い乗用車が車にぶつかってきて『どん』という大きな音が聞こえました。乗用車はその後もスピードを緩めず、別の車にもぶつかっていました。本当に怖いです」と話していました。

現場近くに住む70代の女性は「スクールバスに子どもたちが乗っているのが見えたのでとても心配でしたが、私が見たかぎりでは泣いている子や大けがをしている子はいませんでした。近くで大きな事故が起きてとても怖いです」と話していました。