衆院憲法審査会 9日開催予定 与党側会合に維新 国民も参加へ

衆議院選挙後初めてとなる衆議院憲法審査会が9日開かれる予定で、これに先立つ与党側の会合に、日本維新の会に加えて、新たに国民民主党も参加することになりました。
憲法改正に向けた議論の加速を求める野党2党の参加で、今後の審査会の動向が注目を集めることになりそうです。

衆議院の憲法審査会は9日、先の衆議院選挙後初めてとなる審査会を開き、幹事の選任を行う予定です。

これに先立ち、自民・公明両党の幹事予定者が集まる懇談会に、日本維新の会の馬場共同代表に加えて、今回から新たに国民民主党の玉木代表も参加することになりました。

日本維新の会と国民民主党は、憲法改正に向けた議論を加速させるため、衆参両院で憲法審査会を毎週、開催するべきだと主張しているのに対し、立憲民主党の泉代表は「必要な憲法議論は行うが、改憲自体が目的となっている議論はおかしい」としています。

与党側はこれまで、憲法審査会は、野党側の合意を前提に進める姿勢を取ってきましたが、与党側の懇談会に野党2党が参加することで、今後の審査会の動向が注目を集めることになりそうです。