ドイツ新首相に社会民主党 ショルツ氏就任 メルケル首相退任

ドイツでは、16年にわたって国を率いてきたメルケル首相に代わる新しい首相に中道左派の社会民主党のオラフ・ショルツ氏が就任し、新政権が発足しました。

ドイツの連邦議会は、日本時間の8日夕方、新しい首相を選ぶ投票を行い、中道左派の社会民主党のオラフ・ショルツ氏が首相に選出されました。ショルツ氏は、大統領からの任命を受けて首相に就任し、議会で宣誓を行いました。

ショルツ氏は63歳。北部ハンブルクで市長を務めたあと、2018年からはメルケル政権のもと財務相と副首相を兼任していました。

新たな連立政権を担うのは、社会民主党と、環境政策を前面に掲げる緑の党、それに市場経済を重視する自由民主党の3党で、閣僚もそれぞれ大統領から任命され、新政権が発足しました。

新政権の外相には緑の党のベアボック党首が就任したほか、国防相などにも女性が就任し、ショルツ氏を除いて、閣僚は男女同数となりました。

ショルツ氏が率いる新政権は、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を急ぐほか、気候変動対策の強化や格差の是正などに取り組む方針です。

ショルツ氏の首相就任に伴って、4期16年にわたってドイツを率い、ヨーロッパでも強いリーダーシップを発揮したメルケル首相は退任しました。

岸田首相が祝意「日独が緊密連携を」

岸田総理大臣は、みずからのツイッターに「ドイツ首相に就任されたオラフ・ショルツ氏に心よりお祝い申し上げる。来年はドイツが、再来年は日本がG7=主要7か国の議長国であり、日独両国が緊密に連携していくことが重要だ。両国のさらなる関係強化と国際社会の平和と安定のために、ともに取り組んでいくことを楽しみにしている」と投稿しました。