千葉 市川市 所得200万円以下の課税世帯に 現金10万円支給へ

18歳以下に10万円相当を給付する政府の新型コロナの経済対策に合わせて、千葉県市川市は、所得が200万円以下の課税世帯に現金10万円を独自に支給する方針を決めました。

政府は新型コロナの新たな経済対策として、所得制限を設けたうえで18歳以下に10万円相当の給付を行うほか、住民税が非課税の世帯に1世帯当たり10万円の現金給付などを行うことにしています。

これに合わせて千葉県市川市は、給付の対象外となる世帯への支援を強化するためとして、一定の条件を満たした世帯に現金10万円を独自に支給する方針を決めました。

対象となるのは所得が200万円以下の課税世帯で、およそ4万世帯に上り、政府の給付に合わせて支給する方針です。

市川市は、必要となる経費およそ40億円を盛り込んだ補正予算案を現在開会中の市議会に提出し、成立を図ることにしています。