真珠湾攻撃80年 101歳元整備兵「戦争防ぐには対話大切」

太平洋戦争の発端となった真珠湾攻撃から8日で80年です。航空母艦の整備兵として攻撃に参加した福岡市の101歳の男性がNHKの取材に応じ、当時の状況を語るとともに「戦争を防ぐためには対話が何よりも大切だ」と訴えました。

80年前の12月8日、旧日本軍はハワイの真珠湾に停泊していたアメリカ軍の艦艇や航空基地を攻撃し、4年近くに及ぶ太平洋戦争が始まりました。

福岡市南区に住む101歳の長沼元さんは、航空母艦の「加賀」に整備兵として乗船していて、真珠湾攻撃に参加しました。

長沼さんは、太平洋上を航行する船の上で艦長から「12月8日にハワイの真珠湾を攻撃する。米英に対して宣戦布告の予定だ」と、突然、告げられたと言います。

長沼さんは「まさか戦争が始まると思っていなかったので、最初は本当に驚いた」と振り返り、「軍国主義の風潮だったので、国のため日本を安全にしたいという思いだった」と当時の心境を説明しました。

真珠湾攻撃から半年後のミッドウェー海戦で長沼さんは足に大やけどを負い、兵役免除となりました。

戦後、日本が起こした戦争は無謀だったと感じるようになった長沼さんは、自分の体験を通じて戦争の悲惨さや愚かさを伝えようと、真珠湾攻撃の体験記を執筆し、地元の図書館に寄贈するなどしてきました。

長沼さんは「どうしていまだに世界が平和になっていないのか疑問に思う。戦争を防ぐためには相手のことを思いやって対話していくことが何よりも大切だ」と話していました。