広島 福山の養鶏場で鳥インフル検出 ニワトリ約3万羽処分へ

7日朝、広島県福山市の養鶏場で、飼育されているニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出されました。県は、この養鶏場のニワトリおよそ3万羽の処分に向けて作業を進めるとともに、周辺を通行する車両の消毒を始めています。

広島県によりますと6日午後、福山市にある養鶏場からニワトリが相次いで死んでいるのが見つかったと、県の東部畜産事務所に連絡がありました。

県が遺伝子検査を行った結果、7日朝、致死率が高い高病原性の疑いがある「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。

これを受けて、県はこの養鶏場で飼育されているニワトリおよそ3万羽を処分することを決め、作業を進めています。

また、この養鶏場の半径3キロ以内の範囲を、養鶏場からニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内を、その地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」にそれぞれ指定し、福山市内の県道など4か所で、通行する関係車両の消毒を始めています。

広島県は7日午前、緊急で対策本部会議を開き、周辺の養鶏場などに影響が出ないよう防疫措置を徹底する方針を確認しました。

鳥インフルエンザをめぐっては先月以降、秋田、鹿児島、兵庫、熊本、千葉、埼玉の6県の養鶏場などで相次いで確認され、今シーズン、中国地方で確認されるのは初めてです。

広島 湯崎知事「非常に厳しい事態だと受け止め」

福山市の養鶏場で鳥インフルエンザが検出されたことを受けて、広島県は午前7時半から対策本部会議を開きました。

会議のあと湯崎知事は報道陣の取材に対し「去年に続いて鳥インフルエンザが検出され全国有数の養鶏産地として、非常に厳しい事態だと受け止めている。周辺農場などに影響が出ないよう迅速な防疫処置をとりたい」と述べました。

また、消費者に対しては「ニワトリの肉や卵を食べることによって人が鳥インフルエンザに感染する可能性はないと考えており、ご理解をお願いします」と述べました。

松野官房長官「地元自治体と連携しながら対応に万全期す」

松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「先般の岸田総理大臣の指示に沿って迅速な防疫措置に取り組むとともに、下野農林水産政務官を広島県に派遣し、県との連携強化を確認する。また農林水産省の職員や疫学や野鳥の専門家などからなる疫学調査チームを派遣し、感染経路などの調査を行う予定だ。地元の自治体と十分に連携しながら対応に万全を期したい」と述べました。