臨時国会召集 岸田首相 午後に所信表明 衆院選後初の論戦へ

先の衆議院選挙後、初めての本格的な論戦の舞台となる臨時国会が6日召集され、岸田総理大臣は、午後の所信表明演説で、新たな変異ウイルス「オミクロン株」など、新型コロナに細心かつ慎重に対応する考えを示すことにしています。

第207臨時国会は、6日召集され、午前10時からの参議院本会議では、常任委員長の選任や、特別委員会の設置などを決めました。

そして、午後1時から、天皇陛下をお迎えして開会式が行われたあと、衆参両院の本会議で岸田総理大臣の所信表明演説が行われます。

岸田総理大臣は、新たな変異ウイルス「オミクロン株」など新型コロナに細心かつ慎重に対応することや、「新しい資本主義」の実現に向け地方から国全体へボトムアップの成長を実現する考えを示すことにしています。

これに対する各党の代表質問は、8日から3日間、衆参両院で行われ、政府の経済対策の裏付けとなる今年度の補正予算案の審議は来週から予算委員会で始まる見通しです。

臨時国会の会期は、今月21日までの16日間で、新型コロナ対策や経済の立て直しなどをめぐって、先の衆議院選挙後、初めてとなる与野党の論戦が交わされる見通しです。

松野官房長官「補正予算案 年内できるだけ早くの成立目指す」

松野官房長官は、臨時閣議のあとの記者会見で「政府としては国会審議に誠実に対応していきたい。補正予算案は、コロナ禍で傷んだ経済を立て直すとともに、社会経済活動の再開を図り、新しい資本主義を起動させていくための重要な予算であり、年内のできるだけ早くの成立を目指して取り組みたい」と述べました。

自民 関口参院議員会長「補正予算案 1日も早い成立に全力」

自民党の関口参議院議員会長は、党の参議院議員総会で「新型コロナ対策をはじめ経済対策など多くの課題に対応するための補正予算案と関連法案の1日も早い成立に全力で取り組みたい。来年の参議院選挙に向けて一丸となって取り組んでいきたい」と述べました。

また、世耕参議院幹事長は「予算案の早期成立に全力を尽くし、特にコロナで苦しむ国民や事業者にしっかりと支援が届くようにすることが重要だ」と述べました。

立民 泉代表「国民のために働き 政策を国民に届ける」

立憲民主党の泉代表は、党の参議院議員総会で「国民のために働き、政策を次々と国民に届けるための舞台がきょうから始まる。衆議院と参議院で力を合わせて明確に訴えていくことで、多くの国民に応援や期待をしてもらえるはずだ」と述べました。

公明 山口代表「補正予算案 早期成立と早期執行を目指す」

公明党の山口代表は、党の参議院議員総会で「補正予算案は、国民生活や日本の経済に重要な関わりがあるので、早期成立と早期執行を目指して短期集中で頑張りたい。来年の参議院選挙を視野に、野党はさまざまな角度から対抗してくると思う。岸田政権が発足して初めての実質的な論戦が行われる国会となるので、政権を支えたい」と述べました。

共産 志位委員長「野党共闘さらに前進させるため 力を尽くす」

共産党の志位委員長は、党の国会議員団総会で「自公政権が野党の国会召集要求を拒否し続けたもとで、半年ぶりの本格論戦の国会となる。国民の怒りを代弁し、事実に基づく批判は徹底的に行うとともに、建設的な提案を発展させる。また、新しい国会で野党共闘をさらに前進させるために力を尽くす」と述べました。

維新 馬場共同代表「維新らしい主張していく」

日本維新の会の馬場共同代表は、党の代議士会で「岸田総理大臣の所信表明演説を踏まえ、魂と魂のぶつかり合いで、持ち場持ち場で、維新らしい主張をしていく。先の衆議院選挙を経て、法案の提出ができるようになったので、前を向いて上を向いて国会活動をやっていく」と述べました。