ハンドボール男子 豊田合成が日本選手権 2連覇

ハンドボール男子の日本選手権は決勝が行われ、豊田合成が大崎電気に勝って2連覇を果たしました。

ハンドボール男子の日本選手権の決勝は5日、大阪 堺市で行われ、2連覇を目指す豊田合成と、2年ぶりの優勝を目指す大崎電気という去年と同じ顔合わせとなりました。

試合は前半、豊田合成が堅いディフェンスからの速攻でペースをつかみ、14対8と6点をリードしました。

後半に入ると大崎電気が一時、2点差まで詰め寄りましたが、最後は豊田合成が勝負どころで得点を決めて30対24で勝って、2年連続3回目の優勝を果たしました。

豊田合成の中村匠選手は、「すごくうれしい。2連覇がかかる試合でとても緊張したが、チャレンジャーとしてチームみんなで戦うことができた」と話していました。