「甲子園ボウル」関学大と法政大が対戦 今月19日に甲子園球場

アメリカンフットボールの大学日本一を決める「甲子園ボウル」の西日本代表決定戦が行われ、関西学院大が立命館大に34対24で勝って6年連続の出場を決めました。一方、東日本代表の決定戦は、法政大が56対13で東北大に勝って、9年ぶり18回目の出場を決めました。

西日本代表は関学大 6年連続55回目

「甲子園ボウル」の西日本代表決定戦は、大阪・東住吉区のヨドコウ桜スタジアムで行われ、関西学生リーグ1位の関西学院大と関西学生リーグ2位の立命館大が対戦しました。

関西学院大は、前半、強力なオフェンスラインを生かしたランプレーで2つのタッチダウンを奪うなどして、17対3とリードしました。

後半は、両チームが持ち味を発揮して交互に点を取り合う展開となり、立命館大が得意のパスで3つのタッチダウンを決めたのに対して、関西学院大もランプレーで2つのタッチダウンを奪い、関西学院大の7点リードで最後の第4クオーターを迎えました。

そして、第4クオーターでは、関西学院大が集中した守りで立命館大のパス攻撃を封じて得点を与えず、34対24で逃げきって6年連続55回目の甲子園ボウル出場を決めました。

先制を含む2つのタッチダウンを決めた4年生の前田公昭選手は、「後輩たちが頑張ってくれたので先輩の自分がランで取り切れてよかった。勝っても負けても甲子園ボウルが最後の試合なので悔いがないように挑戦者の気持ちで戦いたい」と話していました。

東日本代表は法政大 9年ぶり18回目の出場

一方、東京・調布市で行われた東日本代表の決定戦は、法政大が56対13で東北大に勝って、9年ぶり18回目の出場を決めました。

この結果、今月19日に甲子園球場で行われる甲子園ボウルは、法政大と関西学院大が対戦します。