落語家 三遊亭圓丈さん死去 76歳 斬新な発想の新作 数多く発表

斬新な発想の新作落語を数多く発表して人気を集めた落語家の三遊亭圓丈さんが先月30日、心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。
76歳でした。

三遊亭圓丈さんは名古屋市出身で、1964年に六代目三遊亭圓生の元に入門し、「ぬう生」を名乗って落語家の道に進みました。

1978年に真打に昇進して「三遊亭圓丈」となり、斬新な発想を生かした独自のスタイルの新作落語を次々と発表して人気を集め、「グリコ少年」や「悲しみは埼玉に向けて」など、生み出した作品は300を超えるとされ、後進の落語家たちに大きな影響を与えました。

また圓丈さんは、日本各地の神社を巡ってこま犬の書籍を出版するなど、こま犬の研究者としても知られていました。

落語協会によりますと、圓丈さんは先月30日、心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。

76歳でした。