青森 JR八戸駅前でりんごの即売会 2年ぶりに開催

青森県八戸市で特産のりんごの即売会がおよそ2年ぶりに開かれ、会場は多くの人でにぎわっていました。

りんごの即売会は、JR八戸駅前で毎年、この時期に開かれていますが、去年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今回は2年ぶりの開催となりました。

会場では地元の「サンふじ」や「シナノゴールド」、隣の南部町の「王林」などが格安の値段で販売されたほか、一袋500円で詰め放題のコーナーも設置され、買い物客は袋いっぱいにりんごを詰め込んでいました。

また、9種類のりんごジュースの中から選ぶ人気コンテストのコーナーも設けられ、試飲をした人たちが味の違いを確かめながら、お気に入りのジュースに投票していきました。

八戸市の40代の男性は、「自宅用と贈答用のりんごを15キロ分買いました。食べるのが楽しみです」と話していました。

即売会を運営している根城英忠さんは、「八戸エリアでとれたおいしいりんごをたくさん用意しているので、ぜひ多くの方に足を運んでほしい」と話していました。

この即売会は、5日午後4時まで開かれます。