クリスマスを前にポインセチア “4メートル”タワー 秋田 潟上

クリスマスを前に、秋田県潟上市でポインセチアの鉢を積み上げた高さおよそ4メートルのタワーが飾られ、訪れた人たちを楽しませています。

潟上市の複合施設「ブルーメッセあきた」にある温室では、クリスマスを前に毎年この時期、ポインセチアの鉢を積み上げた高さおよそ4メートルのタワーを飾っていて、ことしも4日から公開されました。

タワーには、地元で育てられた赤やクリーム色、それにオレンジ色のポインセチア合わせて1000鉢が使われ、1番上にはトナカイと車に乗ったサンタクロースの人形が飾られクリスマスの雰囲気を演出しています。

訪れた人たちはスマートフォンで写真を撮るなどして一足早いクリスマス気分を楽しんでいました。

市内から訪れた90歳の女性は「はじめて来ましたが色とりどりできれいで立体的な感じもあってすばらしいです。癒やされました」と話していました。
ブルーメッセあきたの沢井大輔さんは「ことしもきれいに整った形にできた。ひとときでもほっとした気持ちになってほしい」と話していました。

クリスマスをイメージしたタワーの展示は12月26日までで、期間中、午後4時からはライトアップも行われます。