山梨の地震が和歌山の地震を誘発した可能性「低い」専門家

3日午前、山梨県と和歌山県でそれぞれ震度5弱の強い揺れを観測する地震がおよそ3時間の間隔で起きました。
これについて専門家は、地震の規模などから先に山梨県で起きた地震の揺れが紀伊水道の地震を誘発した可能性は低く「こうした規模の地震が続くことはありうる」と指摘しています。

3日は、午前6時37分ごろに山梨県東部・富士五湖で地震が起き、そのおよそ3時間後の午前9時28分ごろには紀伊水道でも地震が発生し、ともに最大震度は5弱でした。

2つの地震の関連について地震学が専門の京都大学防災研究所の宮澤理稔准教授は、規模の大きな地震の揺れが別の地震を誘発することはあるものの、今回、その可能性は低いとしています。

東日本大震災を引き起こしたマグニチュード9の巨大地震について宮澤准教授が分析したところ、揺れが広がっていくのに伴い、全国で地震が誘発されたことが分かっているほか、2016年の熊本地震でもマグニチュード7.3の地震が、大分県でマグニチュード6クラスの地震を誘発したとされています。

一方、3日朝の山梨県の地震は、マグニチュードが4.8と過去のケースに比べても小さく、およそ400キロ離れた紀伊水道の地震に影響を与える可能性は低いということです。

また、過去の地震活動をもとに計算したところ、日本列島でマグニチュード5クラスの地震が3時間以内に続いて起こる確率は2、3%程度だということで、今回のようなことはあり得るとしています。

宮澤准教授は「それぞれの地震に関連はないが、紀伊水道の周辺はもともと地震活動が活発な場所なので揺れへの備えを改めて見直してほしい」と話しています。