燃料タンク投棄 青森県知事 防衛相に原因究明申し入れを要請

アメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄して緊急着陸したトラブルを受け、青森県の三村知事は、岸防衛大臣に対し原因の究明などをアメリカ軍に強く申し入れるよう求めました。

青森県の三村知事は3日に防衛省を訪れ、岸防衛大臣と面会しました。

そして、今回のトラブルのあと、安全対策の説明もなくF16戦闘機の飛行が再開されたことは、これまで築いてきたアメリカ軍との関係が大きく崩れかねない状況になりつつあると指摘し、原因の究明などをアメリカ軍に強く申し入れるよう求めました。

これに対し、岸大臣は「平穏な生活に影響を与えかねない極めて深刻な事案だ。県民の不安と懸念を招き深くおわび申し上げたい」と陳謝しました。

そして、在日アメリカ軍トップのラップ司令官に説明を求めたことを明らかにし、原因の究明や再発防止策の整備、それに安全確保の徹底などをアメリカ軍に申し入れる考えを伝えました。

このあと三村知事は記者団に「何ら説明がないまま飛行が再開されたことは地域住民の感情を逆なでし、県民の不信感を増大させかねないと厳しく受け止めており、誠に遺憾だ」と述べました。

岸防衛相 「米軍 安全確認し飛行を再開」

岸防衛大臣は3日夜、記者団に対し、3日に防衛省で在日アメリカ軍トップのラップ司令官と面会した際、アメリカ軍が1日から2日の午前中にかけて三沢基地に所属するすべてのF16戦闘機の機体を点検し、安全を確認したうえで飛行を再開したとの説明を受けたことを明らかにしました。