古事記由来の伝統の神事 五穀豊じょうと豊漁祈る 松江

古事記にある「国譲り神話」に由来する伝統の「諸手船神事」(もろたぶねしんじ)が松江市で行われ、そろいの衣装を着て手こぎ船に乗り込んだ男性たちが、向こう1年の五穀豊じょうと豊漁を祈りました。

この神事は島根半島にある松江市の美保神社で毎年12月3日に行われています。

3日は氏子の中からくじで選ばれた18人の男性がそろいの衣装を身にまとって、もみの木で作った2そうの手こぎ船に乗り込み、冷たい雨が降る中「ヤーヤー」と威勢のよい掛け声を上げながら沖へとこぎ出しました。

「諸手船神事」は、大国主命が息子に出雲の国を譲る相談をするため「諸手船」と呼ばれる船で、使者を遣わしたという古事記の「国譲り神話」の一場面を再現したものとされています。

船が岸に戻ると、男性たちは手に持っていた「かい」で冷たい海水を互いに掛け合い、五穀豊じょうと豊漁を祈っていました。

出雲市から来たという60代の男性は「とても迫力があってすごかったです。初めてでしたが見ることができてよかったです」と話していました。