“右折禁止”標識 誤って設置 違反切符168件で謝罪 愛知県警

愛知県瀬戸市にある交差点に、警察が右折禁止の標識を誤って設置し、これに違反したとして168件の交通違反の切符を切っていたことが分かりました。愛知県警察本部は、ドライバーなどに謝罪するとともに、違反点数を取り消し、今後、反則金を返還することにしています。

誤った標識が設置されていたのは、愛知県瀬戸市水南町の県道と市道が交わり、信号機がある「水南交差点」です。

愛知県警察本部によりますと、本来は市道から交差点に進入した場合でも、右折して県道に進むことができるのに、ことし8月下旬、右折を禁止する標識を誤って設置し、右折した乗用車やバイクなどに対し、168件の交通違反の切符を切っていたということです。

11月に道路標識の点検を行っていた警察官が誤りに気付いたということです。

警察は、ドライバーなどに謝罪するとともに、違反点数を取り消し、これまでに納付された反則金合わせて114万円余りを返還することにしています。

警察によりますと、警察署の担当者が、右折が禁止されているものと勘違いして標識の設置申請を行い、申請を受けた県警察本部の担当者も誤りに気付かず設置してしまったということです。

県警察本部交通規制課は「誤って検挙されてしまった方には、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます。このようなことがないよう、適正な交通規制に万全を期してまいります」としています。