受験シーズン迎え “落ちない”合格祈願グッズ販売始まる 広島

本格的な受験シーズンを迎え、広島市の植物公園では、枯れても枝から落ちない木の葉をカード状に加工した合格祈願グッズ“落ちない”葉っぱの販売が始まりました。

「ヤマコウバシ」はクスノキ科の落葉樹ですが、枯れても春になるまで葉が枝についたまま落ちないことで知られています。

広島市佐伯区にある市の植物公園では、この“落ちない”葉っぱにあやかって、受験生にも試験に落ちずに合格してもらいたいとの願いを込めて、2008年から毎年「ヤマコウバシ」の葉を販売しています。
“落ちない”葉っぱは公園の職員が1枚1枚手作業で取ってきてカード状に加工し、1個100円で園内の売店で販売しています。

ことしは1日から販売が始まり、初日は受験生の家族などおよそ30人が購入したということです。

広島市植物公園の濱谷修一課長補佐は「落ちない葉っぱにあやかって、受験生にも試験に落ちずに見事合格してもらいたい」と話していました。