和歌山県北部で震度5弱 津波なし

3日午前9時28分ごろ紀伊水道を震源とする地震があり、和歌山県御坊市で震度5弱の揺れを観測したほか東海や近畿、四国で震度4を観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁は今後1週間程度は同じような揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、3日午前9時28分ごろ、紀伊水道の深さ18キロを震源とするマグニチュード5.4の地震がありました。

この地震で▽震度5弱の揺れを和歌山県御坊市で観測したほか、▽震度4の揺れを三重県熊野市や兵庫県南あわじ市、和歌山県田辺市、徳島県阿南市、香川県さぬき市などで観測しました。

このほか、東海や近畿、四国、九州、それに中国地方の広い範囲で震度3から1の揺れを観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁は今後1週間程度、特に2、3日は、今回と同程度の強い揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。

※和歌山県で震度5弱の揺れを観測した地震について、気象庁はデータを詳しく解析した結果、震源の深さを20キロから18キロに更新しました。

各市町村の震度

各市町村の震度は以下のとおりです。
▼震度5弱が、和歌山県御坊市。
▼震度4が、三重県熊野市、兵庫県南あわじ市、和歌山県有田市、和歌山県田辺市、和歌山県湯浅町、和歌山県美浜町、和歌山県日高町、和歌山県由良町、和歌山県印南町、和歌山県みなべ町、和歌山県日高川町、和歌山県白浜町、和歌山県上富田町、和歌山県すさみ町、徳島県阿南市、徳島県吉野川市、徳島県美馬市、徳島県那賀町、徳島県美波町、徳島県板野町、香川県さぬき市、香川県東かがわ市。

気象庁 巨大地震可能性 “平常時より高まりなし”

今回の地震の震源について、気象庁は海側のプレートが沈み込んでいる上にある陸側のプレートの内部で起きたとしています。

その上で、「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどの危険性が高まっている可能性があり、今後の地震活動に注意するとともに、今後、1週間程度は最大震度5弱程度の揺れを起こす地震に注意してほしい。特に、地震発生から2、3日程度は規模の大きな地震が起きることが多くある」と呼びかけています。

また、今回の地震は、南海トラフの巨大地震が想定されている領域の中で起きていますが、これについては「この地震は地殻内で発生しており、プレートの境界で起きる南海トラフ巨大地震とはメカニズムや規模が異なる。巨大地震が発生する可能性が平常時より高まっているとは考えていない」と説明しています。

和歌山県で震度5弱の揺れ観測 3月15日以来

気象庁によりますと和歌山県で震度5弱の揺れを観測したのはことし3月15日に和歌山県北部を震源とするマグニチュードは4.6の地震以来です。

このときは和歌山県湯浅町で震度5弱の強い揺れを観測しました。

政府 情報連絡室を設置

和歌山で震度5弱の揺れを観測した地震を受けて、政府は、午前9時半に、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集と警戒にあたっています。

松野官房長官「今後1週間程度は最大震度5弱程度の地震の可能性」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「山梨県大月市で最大震度5弱の強い揺れが発生したが人的被害、建物への被害などの報告は受けていない。また、和歌山県御坊市で震度5弱の強い揺れが発生し、警察や消防を中心に情報収集中だが、現時点で大きな被害の報告は受けていない」と述べました。

その上で「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどが起きやすくなっている可能性があり、今後1週間程度は最大震度5弱程度の地震が起きる可能性がある」と述べ、注意を呼びかけました。

金子総務相「現時点で被害情報入っていない」

金子総務大臣は記者会見で「現時点で、通信、放送関係、郵便関係、また人的被害、住家被害の情報は入っていないが、引き続き、情報収集に全力をあげたい。総務省消防庁に災害対策室を設置し、山梨県、和歌山県に迅速な被害把握など、適切な対応を取るよう要請した」と述べました。

専門家「南海トラフ巨大地震とは規模が異なる」

和歌山県で震度5弱の揺れを観測した地震について、防災科学技術研究所の平田直参与は、「今回の地震はフィリピン海プレートと呼ばれる海底の岩盤が陸の岩盤の下に沈み込んでいる場所か、それより浅い場所で発生したとみられ、日ごろから地震活動が活発な地域だ」と述べました。

そのうえで「今回の地震はマグニチュードが5.4と、想定されている南海トラフ巨大地震とは規模が異なる。今後、1週間程度は同じ規模の揺れを伴う地震が起きるおそれがあり、注意が必要だ」と話しています。