京王線切りつけ事件 乗客証言 “窓たたき状況知らせ緊急停止”

東京・調布市を走行中の京王線の車内で乗客が切りつけられさらに放火された事件。乗務員が異常に気付かず乗客が運転席の窓をたたいて状況を直接知らせ、その後、車両が緊急停止していたことが当時現場にいた人の証言で明らかになりました。

ことし10月31日の夜、東京・調布市を走行していた京王線の特急電車の車内で72歳の乗客の男性がナイフで刺されて意識不明の重体になり、さらに放火された際に煙を吸うなどして16人がけがをしました。

これまでの捜査などから、男性が刺されたあとまもなく車内の複数の非常通報装置が押されたものの、防犯カメラが設置されていなかったこともあって、運転士や車掌は車内の状況を把握できず電車が走り続けていたことが分かっています。

「大声を出して『止めろ』と言いました」

当時、車内にいた飯嶋琢己さん(24)は、容疑者から逃げるように先頭の10号車まで移動しそこで「ボン」という何かが爆発するような音を聞いたということです。

飯嶋さんは「とりあえず、電車から早く逃げ出さないといけない、電車を止めなければいけないと思いました」と振り返っていました。

一方、その時もまだ運転士が異変に気付く様子はなかったため運転席の後ろの窓をたたいて直接、状況を伝えたということです。

飯嶋さんは「窓をたたいても全くこちらを気にかける様子がなかったので大声を出して『止めろ』と言いました」と証言しています。

その後、電車は本来は止まらない駅で緊急停車し乗客は窓から外に出たということです。

警視庁は運転士などからも話を聞いて当時の状況をさらに調べています。

車両に防犯カメラ設置義務化へ

鉄道の車内で乗客が襲われる事件が相次いでいることを受け、国は、全国の鉄道事業者に対し新たな車両を導入する際にすべての車両に防犯カメラを設置するよう義務づける方針を固めました。

一方、鉄道事業者からは新たな費用負担への懸念が出ることも想定され、カメラの機能をどこまで求めるかなど、具体的な設置の基準について検討を進めることにしています。

ことし8月には小田急線で、10月には京王線の車内で乗客が刃物で襲われたほか、先月(11月)には九州新幹線でも男が車内に火をつけるなど、鉄道の安全を脅かす事件が相次いでいます。

こうした事態を受けて、国土交通省は、鉄道事業者が新たな車両を導入する際、すべての車両に防犯カメラを設置するよう義務づける方針を固めました。

これまで要請にとどめていたカメラの設置を新規の車両に義務づけることで、より踏み込んだ対策となる一方、経営体力の弱い中小の鉄道事業者などからは新たな費用負担への懸念が出ることも想定されます。

さらに、カメラを設置するだけで、映像をリアルタイムに車掌室や指令所に送る機能などがなければ状況の把握が遅れ、犯罪の防止や迅速な対応にはつながらないという指摘も出ています。

国土交通省は有識者を交えた議論を進めるなどして、費用との兼ね合いも見極めながらカメラにどこまでの機能を求めるかなど、具体的な設置の基準について検討を進めることにしています。