「家事調停」で試験的にウェブ会議導入 利便性向上などに期待

離婚や相続など家族に関する問題の解決をはかる家事調停で、インターネットのウェブ会議を使った手続きが今月以降、一部の家庭裁判所で始まることになりました。利便性の向上が期待される一方、本人確認などの課題もあり、最高裁判所は試行の結果を踏まえて全国での導入を検討することにしています。

家事調停は家族や親族間のトラブルについて話し合いで解決をはかる手続きで、調停委員が当事者それぞれから話を聞いて進めます。

今月以降、東京・大阪・名古屋・福岡の4つの家庭裁判所で、試験的にウェブ会議が導入されることになり、2日、東京家庭裁判所でデモンストレーションが公開されました。

夫のDVを理由に妻が離婚を求めているという想定で、裁判所の調停室にいる調停委員2人が、夫と対面で話をしたあと、弁護士事務所にいる妻からウェブ会議で話を聞きました。

調停は非公開の手続きのため、当事者と弁護士以外の人が立ち会っていないか、妻側の弁護士にパソコンに付いたカメラで周囲の様子を撮影してもらって確認していました。

去年、全国の家庭裁判所に申し立てられた家事調停は13万件余りにのぼり、ウェブ会議の導入によって、移動や交通費の負担の軽減など利便性が向上するほか、DVの訴えがあるなど当事者どうしの接触を避ける配慮が必要なケースで活用が期待されています。

一方、本人確認や第三者の関与を防ぐ対策など課題もあり、最高裁判所は試行の結果を踏まえて全国での導入を検討することにしています。

東京家庭裁判所家事部の細矢郁所長代行者は「ふさわしい事案を選んでより便利に安全に、手続きを利用してもらいたい」と話しています。

家事調停の経験者 運用にあたっては“不安”も

家事調停を経験した当事者は、ウェブ会議の導入を前向きにとらえる一方、運用にあたっては慎重に進めてほしいと話しています。

関東地方で3人の子どもを育てる30代の女性は、離婚と、子どもの面会をめぐって夫と調停を行いました。

調停は2年にわたって行われ、裁判所に10回以上足を運んで別居中の夫と調停委員を介して話し合いを行ったといいます。

女性によりますと、夫からDVを受けていたということで、接触を避けるため別の階にある調停室を使うなどの配慮がされましたが、恐怖感は大きかったといいます。

女性は「同じ建物内にいるというだけで怖くて体調不良になりました。裁判所の行き帰りで鉢合わせするのではないかと不安で、弁護士に一緒に駅まで行ってもらったり、なるべく変装して移動時間を縮めるために走ったりしていました」と振り返ります。

ウェブ会議の導入について「身を守る安全の面ではとてもうれしく、広がってほしいと思います。交通費も積み重なると負担で、時間も有効に使えるのは、とても大きいです」と期待を寄せています。

一方、運用にあたっては「相手がウェブ会議を利用した場合に、録音や録画をされないか、第三者が隣にいないかなど不安もある」として、「裁判所には、『物理的に離れてるから安心だ』という前提ではなく、当事者の話を聞いて不安を一緒に解決しながら進めてほしい」と話していました。