東京都水道局の偽ページに誘導 不審メール相次ぐ 注意を

東京都は「水道料金を支払わなければ断水する」として、クレジットカード番号の入力を求める偽のウェブページに誘導する、不審なメールが相次いでいることから、注意を呼びかけています。

東京都水道局によりますと、1日から水道料金の支払いを求める、不審なメールの問い合わせが250件以上寄せられているということです。

メールでは「水道料金を支払わなければ断水する可能性があり、リンクをクリックして支払ってほしい」と求めていて、画面に表示された実在する水道局のアドレスをクリックすると、本物そっくりの偽のウェブページに誘導されるということです。

ログインすると名前やクレジットカード番号の入力を求められることから、都水道局は心当たりがないメールは開かず、もしも番号などを入力してしまった場合は、速やかにカード会社と警察に連絡するよう呼びかけています。

水道局の石田望業務課長は「料金の請求は書面か対面で行いメールを使うことは一切ないので、少しでも不審な点があれば問い合わせてほしい」と話していました。