冬の訪れ告げる「ストーブ列車」運行始まる 青森 津軽鉄道

青森県の津軽半島を走る私鉄の津軽鉄道で、冬の訪れを告げる名物の「ストーブ列車」の運行が1日から始まりました。

青森県の五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道は、開業した昭和5年から石炭を燃料に使う昔ながらの「だるまストーブ」を載せた「ストーブ列車」を毎年、運行しています。

今シーズンの運行が始まった1日は、津軽五所川原駅で式典が開かれ、地元の人たちが津軽三味線の演奏を披露しました。

そして津軽鉄道の澤田長二郎社長が「たくさんのお客様にストーブ列車に乗りに来てもらいたい」とあいさつしたあと、1番列車が出発しました。
およそ50人の乗客は、ストーブの上でじっくりと焼いたスルメを味わったり、石炭が燃えるストーブを撮影したりして楽しんでいました。

東京から訪れたという50代の乗客の男性は「初めて乗車しましたがストーブ列車のレトロな感じがとてもいいですね。石炭ストーブの独特な暖かさもよく、焼きたてのスルメもおいしかったです」と話していました。

津軽鉄道の「ストーブ列車」は、来年3月末まで毎日運行されます。