北日本や北陸 2日にかけ大荒れの天気 暴風雪や高波に警戒

急速に発達する低気圧の影響で、北日本や北陸では2日にかけて雪を伴って風が非常に強く、大荒れの天気が続く見込みです。
とくに北日本では猛吹雪で見通しがきかない、いわゆる「ホワイトアウト」となったり吹きだまりができるおそれもあり、気象庁は暴風雪や高波に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、北海道付近にある低気圧が急速に発達しながら北東へ進んでいて、北日本では風が強まっています。

北海道の
▼えりも岬では午後4時半すぎに36.6メートル、
▼釧路町知方学では午後2時前に35.5メートルの
最大瞬間風速を観測しました。

北日本や北陸では2日にかけて、雪を伴って非常に強い風が吹き、大荒れの天気が続く見込みです。

2日にかけての最大風速は、
▼北海道で23メートル、
▼東北と北陸、新潟県で20メートル、
▼最大瞬間風速は30メートルから35メートルと
予想され、北日本と北陸、新潟県、近畿の海上は大しけが続く見込みです。

気象庁は暴風雪や高波に警戒するよう呼びかけています。

とくに北日本では猛吹雪で見通しがきかない、いわゆる「ホワイトアウト」となったり吹きだまりができるおそれもあり、車を運転する際などには特に注意が必要です。

冬型の気圧配置が強まり、日本の上空に寒気が流れ込むため、北陸では2日にかけて大気の状態が非常に不安定となり落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意してください。

また、2日の朝にかけて全国的に気温が急激に低くなるほか、北日本の山沿いを中心に、大雪となるところもある見込みで、体調の管理や積雪や路面の凍結による交通への影響、屋根からの落雪やなだれ、着雪による停電にも注意が必要です。