“業界初 顔認証で決済” 東京のハンバーガーチェーンが導入へ

客の顔を識別することで、自動で決済ができるサービスを、東京のハンバーガーチェーンが新たに導入します。顔認証による決済サービスの導入は、ファストフード業界では初めてだということです。

サービスを始めるのは、ハンバーガーチェーンを展開する東京の「ファーストキッチン」で、都内の3店舗で12月15日から導入します。

このサービスでは客がまず、スマートフォンの専用のサイトから、自分の顔写真やクレジットカードの情報などを登録します。

そして、店の無人レジで専用の端末を使って商品を注文すると、端末に取り付けられたカメラが客の顔を読み取り、AI=人工知能を使って本人と認証されれば、登録したカードを通じ自動で決済される仕組みです。

運営会社では、レジの待ち時間の短縮や感染対策としての効果が期待できるとしています。

会社によりますと、顔認証による決済サービスの導入はファストフード業界では初めてだということで、利用実績を見ながら導入の拡大を検討していきたいとしています。

一方で、顔認証の技術をめぐっては、個人のプライバシーをどう保護しながら活用するかが課題となっていて、ファーストキッチンの紫関修社長は、「万全のセキュリティーで安心して使えることを第一に、客の受け止め方や、利便性などを検証していきたい」と話していました。