歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さん死去 77歳

重厚で深みのある演技で、舞台やテレビで活躍した歌舞伎俳優で、いわゆる人間国宝の中村吉右衛門さんが、11月28日心不全のため亡くなりました。
77歳でした。

中村吉右衛門さんは1944年に八代目松本幸四郎の次男として生まれ、その後、母方の祖父・初代吉右衛門の養子となりました。

1966年に二代目中村吉右衛門を襲名し、初代の芸を受け継ぐ正統派の立役として幅広い役柄を演じ、源平の戦いの悲劇を描いた「熊谷陣屋」の熊谷や、過酷な運命をたどる僧侶「俊寛」など、時代物の重厚な演技で圧倒的な存在感を見せました。

テレビの時代劇でも活躍し、NHKのドラマ「武蔵坊弁慶」では主人公・弁慶役を演じました。

2011年には、いわゆる人間国宝に認定されたほか、2017年には文化功労者に選ばれています。

松竹によりますと、吉右衛門さんは11月28日に心不全のため都内の病院で亡くなったということです。

77歳でした。

「弁慶」「鬼平」などテレビの時代劇でも活躍

中村吉右衛門さんは1944年に八代目松本幸四郎の次男として生まれ、その後、母方の祖父・初代吉右衛門の養子となり、4歳の時に中村萬之助の名前で初舞台を踏みました。

父や祖父の指導のもとで学んだのち、22歳で二代目中村吉右衛門を襲名し、深みのある演技と巧みなせりふ回しで人気を集め、「一條大蔵譚」の大蔵卿や「菅原伝授手習鑑」の松王丸など数々の当たり役を生み出し、歌舞伎界を代表する立役としての地位を確立しました。

時代物では重厚な演技で圧倒的な存在感を見せる一方、新作歌舞伎にも出演して幅広い役柄を演じ分け、人物造詣の深さが高く評価されました。

テレビの時代劇でも活躍し、1986年に放送されたNHKのドラマ「武蔵坊弁慶」では主人公・弁慶役を演じたほか、民放の時代劇「鬼平犯科帳」では長谷川平蔵役で30年近くにわたり親しまれました。

また、上演されなくなった古典を復活させたり歌舞伎の演目の脚本を執筆したりなど、歌舞伎の文化や伝統を伝える取り組みを続けながら、後進の育成にも尽力してきました。

この10年ほどは体調を崩す時期もありましたが、それでも精力的に舞台に立ち続け、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助や「勧進帳」の弁慶など、大役を演じてきました。

吉右衛門さんはことし1月に体調不良を理由に一時休演し、3月には心臓発作で病院に搬送され、その後も治療を続けながら舞台への復帰を目指していました。

兄の松本白鸚さん「たった一人の弟 安らかでいい顔だった」

中村吉右衛門さんの兄で、歌舞伎俳優の松本白鸚さんは、「別れは何時の刻も悲しいものです。今、とても悲しいです。たった一人の弟ですから。幼い頃、波野の家に養子となり、祖父の芸を一生かけて成し遂げました。病院での別れの顔は、安らかでとてもいい顔でした。播磨屋の祖父そっくりでした」というコメントを出しました。

おいの松本幸四郎さん「情熱心に刻み舞台勤める」

中村吉右衛門さんのおいに当たる歌舞伎俳優の松本幸四郎さんは、「叔父のお顔を見た時、初めて涙があふれてきました。80歳で『勧進帳』の弁慶を勤める。必ず復活されてご自身の目標に向かわれる日が来ると信じていましたので、訃報を聞いて、すぐにはこの事実を受け入れられる自分ではありませんでした。叔父は先人を敬い、その芸を体現し、芸術である歌舞伎を進化されてこられました。叔父の芸を永遠のものにするために、教えていただいたわれわれが、その情熱を心に刻み舞台を勤めて参ります。いずれも様には、叔父をご愛顧くださり心よりお礼申し上げます」とコメントしています。

尾美としのりさん「とてもとても残念」

中村吉右衛門さんが主役を務めた時代劇シリーズ「鬼平犯科帳」で共演した俳優の尾美としのりさんは、「とてもとても残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます」というコメントを発表しました。

尾美さんの所属する事務所によりますと、2人は1989年の放送開始からシリーズ終了までの30年近くにわたって共演したということです。

尾美さんはひょうきんな性格でありながら、吉右衛門さんをしっかりと支える部下の同心の役を演じ、今回の知らせを受けて、深く悲しんでいるということです。

尾上菊五郎さん「長い役者人生を全身全霊で」

尾上菊五郎さんの長男の菊之助さんは、中村吉右衛門さんの娘と結婚しました。

菊五郎さんは、吉右衛門さんの死去について、「長い役者人生を全身全霊で頑張られました。再び、一緒に舞台に立てることを願っていましたので残念でなりません。これまで幾度も同じ舞台に立ちましたが、菊之助の結婚を機に、縁あって親戚となり、孫の丑之助も生まれ、初お目見得や初舞台では共に孫の成長を喜び合いました。平成最後の舞台では『鈴ヶ森』で私が白井権八、播磨屋さんが播随院長兵衛を勤めたのも深く印象に残っています。本当にお疲れ様でした」とコメントしています。

エッセイスト山川静夫さん「第一人者なくした」

インタビューや雑誌の対談などで中村吉右衛門さんと交流があった、元NHKアナウンサーで歌舞伎に詳しいエッセイストの山川静夫さんは、「初代が名優で、2代目として継ぐのは重みがのしかかって大変だったと思うが、時代物ならば吉右衛門さん、という定評で、押しも押されもせぬ、時代劇の名手になった。いまは本格的な時代劇俳優が少なくなっていて、第一人者をなくしたのは、歌舞伎界にとって大損失で残念です」と話し、吉右衛門さんの死を悼みました。

そのうえで、芝居の特徴について、「歌舞伎ファンでなくても鬼平犯科帳の鬼平でおなじみだと思うが、とにかくせりふがよく、一言一言、本当に心を打つ、情に訴える力を持っていて、ずしんと重みがあるせりふ回しだった。非常に静かな人だったが、芝居で舞台に立った時に舞台が引き締まるようなポイントをちゃんとつかんでいて、なおかつ情がある芝居でした」と話しました。

また、後継者の指導について、「どうも若い人は私の思うようについてこないとよく言っていたが、身を入れて厳しく指導したのだと思う。吉右衛門さんの芸を慕っていた俳優は多く、後継者が育っているという確信を持って他界したのではないか」と話していました。

歌舞伎座の前で 死去悼む声

東京 銀座の歌舞伎座の前では、中村吉右衛門さんの死去を悼む声が聞かれました。

大の歌舞伎ファンだという50代の女性は「まだ気持ちの整理がついていません。芸にまい進し、実直な様子が舞台ににじみ出ていて、公演を見たあとはいつも生きていてよかったと感じていました。勇ましい姿や優しい姿を再び見せてもらうことを楽しみにしていたので、残念です」と話していました。

70代の女性は、「12月になってまた悲しい知らせを聞き、とても残念です。ご冥福をお祈りします」と話していました。

40代の女性は「昔からテレビでもよく見ていたので、亡くなったと聞いて寂しい」と話していました。