米軍機 燃料タンク投棄 青森県知事 米軍に再発防止要請へ

11月30日、青森県のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機1機が、飛行中に燃料タンクを投棄したあと、青森空港に緊急着陸した問題で、燃料タンクの一部が県内の住宅地の近くで見つかりました。
青森県の三村知事は、アメリカ軍に対して、事故原因の究明や、再発防止策の徹底を文書で要請する考えを示しました。

30日午後6時ごろ、アメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機1機が飛行中に緊急事態に陥り、燃料タンクを投棄したあと青森市の青森空港に緊急着陸しました。

この影響で、30日空港を発着する民間機7便が欠航するなどしましたが、12月1日は通常通り運航しています。

戦闘機は、1日午前1時すぎ滑走路から駐機場に移動し、午前11時半現在も駐機場に停止したままとなっています。

アメリカ軍は燃料タンクを2個投棄したとしていて、防衛省などによりますと、青森空港から西におよそ65キロ離れた深浦町の住宅地近くの国道で燃料タンクの一部が見つかりました。

アメリカ軍からは「速やかに回収を行う」と連絡があったということです。

一方、青森県の三村知事は1日の県議会で「一歩間違えると大変な惨事になった」と述べ、1日にもアメリカ軍に対して、事故原因の究明や、再発防止策の徹底を文書で要請する考えを示しました。

青森 三村知事「一歩間違えると大惨事」

この中で三村知事は「緊急着陸により滑走路が閉鎖され、民間機が7便欠航するなど大きな影響があったことに加え、燃料タンクの1個が深浦町役場近くの市街地に落下した。可燃物であり、相当な重量であることから、一歩間違えると大変な惨事になったものと考えられ、県としては非常に厳しく受け止めている」と述べました。

そのうえで「きょう、アメリカ軍三沢基地の司令官に対して、事故原因の究明や、再発防止策の徹底などを文書で強く要請する」と述べ、防衛大臣や外務大臣に対しても同様の申し入れをアメリカ軍側に行うよう文書で要請する考えを明らかにしました。

元空将「地上被害 与えてはならない意識徹底を」

今回のトラブルについて、航空自衛隊で戦闘機のパイロットを務めた元空将の永岩俊道さんは、「上空でトラブルが起きても、墜落などの深刻な事態を引き起こさないため、燃料タンクを投棄して操縦性を確保することは重要な手段だ。時間や距離に余裕があれば海の上や湖の上で投棄するがその余裕がなくても、地上の被害を出さない選択をすることが求められる」と話しています。

そのうえで、今回、住宅地の近くで燃料タンクの一部が見つかったことから、「アメリカ軍のパイロットに対し、地上への被害は絶対に与えてはならないという認識や、安全を確保する手順を徹底するよう、伝える必要がある」と指摘しています。