青森空港に米軍戦闘機が着陸 飛行中に緊急事態 燃料タンク投棄

30日午後6時すぎ、青森市の青森空港にアメリカ軍の戦闘機が着陸して滑走路が使えなくなり、30日夜に青森空港を発着する予定だった民間機8便が欠航するなどの影響が出ました。アメリカ軍は戦闘機が飛行中に緊急事態に陥り人が住んでいない地域に燃料タンク2個を投棄したと発表し、防衛省が確認を進めています。

防衛省によりますと、30日午後6時10分ごろ、青森市の青森空港にアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機1機が着陸しました。

県によりますと、午後10時半現在戦闘機は滑走路に停止したままでアメリカ軍からは「戦闘機には近づかないように」と県に連絡があったということです。

この影響で青森空港は民間機の発着ができず、東京や大阪などを結ぶ民間機合わせて8便が欠航したり出発地に引き返したりする影響が出ました。

県によりますと、現在アメリカ軍の関係者が青森空港に向かっているということですが、1日の民間機の運航については見通しが立っていないということです。

またアメリカ軍は、F16戦闘機が飛行中に緊急事態に陥り、岩木山近くの人が住んでいない地域に燃料タンク2個を投棄したと午後11時前に発表しました。

パイロットを含む人的な被害は確認されていないとしています。

岩木山は青森空港から南西におよそ30キロ離れていて、防衛省は現場に職員を派遣するなどして詳しい状況の確認を進めています。

深浦町役場近くの国道 銀色の物体見つかる

30日午後7時ごろ、青森県深浦町役場近くの国道101号で視聴者が撮影した映像では、車道の脇に先端がとがった長さが1メートル前後あるとみられる銀色の物体が横たわり、周辺にパトカーが停止している様子が確認できます。

撮影した63歳の男性は「複数の知人が午後6時すぎに『ドーン』という音を聞いて、自分も現場に向かった。周辺には油のにおいが立ちこめていて、警察官や役場の職員が状況を確認していました」と話していました。

警察や深浦町によりますと、現場周辺でけが人や火災などの情報は入っていないということです。

深浦町役場は青森空港から直線距離で南西におよそ65キロ離れています。

三沢基地のF16戦闘機 3年前にも燃料タンク投棄

アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機をめぐっては、3年前にも飛行中に燃料タンクを投棄するトラブルが起きています。

この時、投棄された2つの燃料タンクは青森県東北町の小川原湖に落下し、水質の悪化が懸念されたことから地元の漁業者はおよそ1か月にわたって特産のシジミなどの漁ができなくなりました。

このトラブルについてアメリカ軍は、整備の際に誤ってエンジンの内部に耐久性の低い旧式の部品を取り付けた結果、この部品が破損してエンジン火災が起きたことが原因だとする調査結果を公表しました。

空港利用者に影響 別の空港に予定変える人も

アメリカ軍の戦闘機が着陸したことによって民間機が欠航するなどの影響が出ている青森空港では、青森市の中心部に引き返す人の姿などが見られました。

このうち、30日午後7時前の便で県営名古屋空港に向かう予定だったという岐阜県の70代の男性は「いつ飛行機が飛ぶかわからないので、これから青森市のホテルに泊まって、あすの朝、岩手県の空港に行くことになりました。あすは病院に行く予定があったので調整したりするのが大変でした」と話していました。

NHK設置のカメラには停止している機体

NHKが青森空港に設置しているカメラで午後7時10分ごろに滑走路の方向を撮影した映像では戦闘機とみられる航空機1機が停止しているのが確認できました。

航空機は操縦席の風防が開いていて、機体の周辺には消防車が待機し、ライトを持った人が機体を確認する姿もみられました。