バイデン大統領 オミクロン株拡大受け会見 国民に平静呼びかけ

アメリカのバイデン大統領は、南アフリカで確認された新たな変異ウイルス「オミクロン株」について「懸念材料だが、パニックに陥る必要はない」と述べ、国民に平静を呼びかけました。そのうえで、ワクチンはある程度の効果があるとの政権の見方を示し、改めて接種を強く呼びかけました。

バイデン大統領は29日、南アフリカで確認された変異ウイルス「オミクロン株」の感染の広がりを受けて、初めて記者会見を開きました。

この中でバイデン大統領は「懸念材料ではあるものの、パニックに陥る必要はない」と述べ、国民に平静を呼びかけました。

そして、現在使われているワクチンが変異ウイルスに対してどの程度効果があるか、明らかになるには数週間かかる見通しだとしながらも「ホワイトハウスの首席医療顧問は、新しい変異ウイルスに対してワクチンは少なくともある程度の効果があり、追加の接種はそれを大きく補強するものになると考えていることを強調したい」と述べて、ワクチンの接種を改めて強く呼びかけました。

さらにバイデン大統領は、現時点では追加的な措置は必要ないとする一方、さらなるワクチン開発などが必要になった場合に備え、製薬大手と対応策の検討を始めていることを明らかにしました。

またアメリカは、29日から南アフリカなど8か国からの渡航を制限していますが、現時点ではこのほかの国からは制限しないとしています。