建物解体中にコンクリートの下敷きに 2人死亡 群馬 伊香保温泉

29日午後、群馬県の伊香保温泉で、建物の解体作業中に男性2人がコンクリートの壁の下敷きになり、死亡しました。

29日午後1時半ごろ、群馬県渋川市の伊香保温泉で、建物の解体作業を行っていた男性2人が倒れてきたコンクリートの壁の下敷きになったと、消防に連絡がありました。

警察によりますと、2人は救助されて病院に運ばれましたが、死亡しました。

このうち1人は建築関係の会社役員で前橋市の吉田真一さん(52)で、もう1人は警察が確認を進めています。

現場は関東有数の温泉街、伊香保温泉の旅館が建ち並ぶ一角にある建物で、道路が狭いため重機を使わずに作業していたということです。

警察は一緒に作業していた同僚から話を聞くなどして、当時の状況を詳しく調べています。