愛知 中3男子刺殺 逮捕の生徒 2月にいじめ「ある」と回答

愛知県弥富市の中学校で14歳の3年生の男子生徒が同学年の男子生徒に包丁で刺され死亡した事件で、市の教育委員会が会見を開き、逮捕された生徒がことし2月に学校で行われたアンケートで「いじめられたことはあったか」という質問に対し「ある」と回答していたと説明しました。しかし、その後の学校の面談で「最近は大丈夫」と話していたということです。

11月24日、愛知県弥富市の中学校で、この学校に通う14歳の3年生の男子生徒が包丁で腹部付近を刺されて死亡した事件で、警察は同学年の14歳の男子生徒を逮捕し、殺人の疑いで捜査を進めています。

弥富市の教育委員会は29日会見を開き、逮捕された生徒がことし2月に学校で行われた悩みなどを聞くアンケートで「いじめられたことはあったか」という質問に対し「ある」と答え、死亡した生徒について「強制的に生徒会選挙の関係の仕事をやらされた」とか「不快に思う発言があった」などと回答していたということです。

その後、担任の教諭が面談したところ、逮捕された生徒が「最近は大丈夫」と話し、11月に学校で行われたアンケートでも、いじめなどに関する記載は確認されなかったということです。

これまで教育委員会は「2人の間にトラブルがあったかどうかはわかっていない」などと説明していましたが、学校側が当初こうした経緯を教育委員会に報告していなかったということで、弥富市教育委員会の奥山巧教育長は「報告が徹底されていなかった」と述べ謝罪しました。

一方、捜査関係者によりますと、逮捕された生徒は、これまでの警察の調べに対して容疑を認めたうえで、被害者の生徒との関係以外にも学校などで嫌なことが複数あり自暴自棄になっていたという趣旨の供述をしているということで、警察が事件に至ったいきさつなどについて調べを進めています。