女子ゴルフ 稲見萌寧 国内ツアー初の賞金女王 史上2番目の若さ

女子ゴルフの国内ツアーは今シーズン最終戦の最終ラウンドが宮崎県で行われ、賞金ランキングで首位に立っていた稲見萌寧選手が9位に入り、初の賞金女王に輝きました。

去年と統合された今シーズンで9勝をあげている22歳の稲見選手は、最終ラウンドでスコアを1つ落としましたが、通算イーブンパーで9位に入り、史上2番目の若さで初の賞金女王となりました。

首位でスタートした三ヶ島かな選手は通算11アンダーで、2位の小祝さくら選手に4打差をつけてツアー初優勝を果たしました。

賞金ランキング2位の古江彩佳選手はスコアを伸ばせず通算6アンダーで3位にとどまり、逆転での賞金女王はなりませんでした。