サッカーJ2 京都サンガ 12シーズンぶりJ1昇格決める

サッカーJ2の京都サンガが28日に行われたジェフ千葉との試合で0対0で引き分け、今シーズンの2位が確定し、12シーズンぶりのJ1昇格を決めました。

サッカーJ2は上位の2チームが、来シーズンJ1に昇格することが決まっています。

前の節を終えて2位につけていたサンガは28日、アウェーでジェフと対戦し、0対0で引き分けました。

この結果、サンガは勝ち点を83に伸ばし、1試合を残して3位のヴァンフォーレ甲府との勝ち点の差を4として2位が確定し、J1昇格が決まりました。

サンガのJ1復帰は2010年以来、12シーズンぶりとなります。

チョウ貴裁(キジェ)監督は「J2で過ごした期間の歴史すべては背負えないが、きょうから新しい歴史を作りたいと思って試合に臨んだ。全員がサンガらしく足を止めずに戦ってくれた結果が昇格に結び付いたと思う」と話していました。

※チョウは「曹」の縦棒が中心に1本のみ。