スキージャンプ男子 W杯3戦 小林陵侑が今季初優勝

フィンランドで行われたスキージャンプ男子、ワールドカップの第3戦は、エースの小林陵侑選手が今シーズン初めての優勝を果たしました。小林選手は、みずからが持つ日本男子の最多勝利数を通算20勝に更新しました。

スキージャンプ男子のワールドカップは27日、フィンランドでヒルサイズ142メートルのラージヒルで個人の第3戦が行われました。

日本勢は、昨シーズン日本男子のワールドカップ最多勝利記録を更新し、前回の今シーズン第2戦でスーツの規定違反のため失格となった小林選手や、佐藤幸椰選手など6人が出場しました。

このうち小林選手は、1回目でK点を大きく超える138メートル50を飛んでトップとわずか1.4ポイント差で2位につけました。

2回目は、最長不倒の143メートルの大ジャンプを見せて、合計ポイント324.5で逆転で今シーズン初めての優勝を果たしました。

これでみずからの持つ日本男子の最多勝利数を通算20勝に更新しました。

このほかの日本勢は、
佐藤選手が10位、中村直幹選手が14位で、
小林選手の兄の潤志郎選手と伊東大貴選手、それに佐藤慧一選手は、上位30人による2回目に進めませんでした。