中村哲さん アフガニスタンで亡くなりまもなく2年 追悼の会

アフガニスタンで人道支援に取り組んでいた医師の中村哲さんが、現地で銃撃され亡くなってから2年となるのを前に、ゆかりのある福岡市で追悼の会が開かれました。

医師の中村哲さんは福岡市のNGO「ペシャワール会」の現地代表として、アフガニスタンで長年、医療支援や農地の再生などに取り組んできましたが、おととしの12月4日、現地で銃撃され73歳で亡くなりました。

それから2年となるのを前に福岡市で追悼の会が開かれ、遺族やペシャワール会の関係者など合わせておよそ250人が出席しました。

全員で黙とうしたあと、遺族を代表して長女の秋子さんが「庭仕事が好きだった父が、いまでも麦わら帽子をかぶって庭にいるのではないかという気持ちになり喪失感を覚えます」などと述べました。

ペシャワール会によりますと、アフガニスタンではイスラム主義勢力タリバンが再び権力を握って以降、国際社会の支援が滞っているうえ、干ばつの影響もあって食料不足などの人道危機が深刻化しているということです。

ペシャワール会の村上優会長は「命の危機が加速している。現地の人の命が続くよう、活動を続けます」などと述べ、中村さんの思いを継いでいく決意を示しました。