1月並みの寒さも 日本海側中心に大気不安定続く 大雪など注意

上空の寒気と冬型の気圧配置の影響で、27日は各地で12月上旬から1月並みの寒さとなりました。

日本海側を中心に大気の状態が不安定になっているため28日明け方にかけて大雪のほか、落雷や突風などに十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、日本の上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっている影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に雪や雨が降り、27日は山形市と金沢市、それに長野市で初雪を観測しました。

関東北部や長野県、東北の山沿いでは雪が強まっているところもあります。

日本海側を中心に大気の不安定な状態は続く見込みで、気象庁は28日の明け方にかけて、大雪のほか、雨による土砂災害、落雷や突風、ひょうなどに十分注意するよう呼びかけています。

また、27日は各地で気温が上がらず最高気温は、
▽群馬県草津町でマイナス0.4度と真冬日になったほか、
▽福島市で7.7度
▽大阪市で13.1度
▽広島市で13.4度
▽東京の都心で13.8度と12月上旬から1月中旬並みの寒さとなりました。

28日朝の最低気温は、
▽北海道旭川市でマイナス5度
▽盛岡市と宇都宮市で0度
▽広島市と名古屋市で4度
▽東京の都心と京都市で6度と予想され、27日より冷え込むところも多い見込みです。

東日本を中心に、冷え込みは来週月曜日まで続く見込みで体調管理にも注意してください。