今季一番の冷え込み 日本海側中心に大気不安定 大雪など注意を

上空の寒気と冬型の気圧配置の影響で、27日の朝は各地で今シーズン一番の冷え込みとなりました。

日本海側を中心に大気の状態が不安定になり雪や雨が降っていて、大雪のほか、落雷や突風、急な強い雨などに十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、日本の上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっている影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に雪や雨が降っています。

27日朝にかけての最低気温は
▽栃木県の奥日光でマイナス2.5度、
▽北海道の函館市でマイナス2.1度、
▽岩手県宮古市でマイナス0.8度、
▽東京・青梅市で1.7度、
▽松山市で5.6度、
▽広島市で5.7度、
▽大阪・堺市で5.9度、
▽福岡市で6.2度などと、
各地で今シーズン1番の冷え込みとなりました。
27日は北日本から西日本の日本海側で大気の不安定な状態が続き局地的に雨や雪が強まる見込みで、気象庁は、大雪のほか、落雷や突風、急な強い雨、ひょうなどに十分注意するよう呼びかけています。

急に周囲が暗くなる、雷の音が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。

寒気の影響は来週前半まで続き朝晩を中心に冷え込む見込みで、体調の管理にも注意してください。