カピバラに“りんご風呂”をプレゼント 栃木 那須町の動物園

冬の間、カピバラが露天風呂に入る姿を楽しめる、栃木県那須町の動物園で、カピバラたちに好物のりんごを浮かべた「りんご風呂」がプレゼントされました。

那須町の動物園「那須どうぶつ王国」では、11月26日が語呂合わせで「いい風呂の日」とされていることにちなんで、カピバラにおよそ100個のりんごを露天風呂に浮かべた「りんご風呂」をプレゼントしました。

26日は冷たい風が吹いて気温が上がりませんでしたが、来園した人たちは、寒さが苦手なカピバラたちが湯船に浮かぶ好物のりんごを夢中になって食べたり、時折、湯の中に潜ったりしてあたたまっている様子を見守っていました。

水戸市から子どもと一緒に訪れた父親は「りんごをおいしそうに食べているのを見て癒やされました。気持ちよさそうで温泉に入りたいと思いました」と話していました。

動物園によりますと「りんご風呂」は26日だけのイベントですが、カピバラが露天風呂に入る姿は、来年3月中旬まで楽しめるということです。