大相撲九州場所14日目 照ノ富士 阿炎と対決 勝てば優勝決定

大相撲九州場所は14日目、優勝争いトップに立つ全勝の横綱 照ノ富士は1敗で追う平幕 阿炎と直接対決です。
照ノ富士が勝てば、千秋楽を待たずに照ノ富士の2場所連続6回目の優勝が決まります。

九州場所は26日の13日目、横綱 照ノ富士がただひとりの全勝を守り、平幕の阿炎が大関 貴景勝との1敗どうしの直接対決を制しました。

27日の14日目は照ノ富士と阿炎の直接対決が組まれました。

照ノ富士は、この一番に勝てば2場所連続6回目の優勝が決まります。

照ノ富士は初顔合わせの阿炎に対し、持ち前の圧力を生かして前に出て四つに組み合えば万全です。

一方、かつて小結までつとめ、今場所、幕内に復帰した阿炎は、長い手足を生かした力強い突き押しが光り、26日の貴景勝戦でも威力を発揮しました。

照ノ富士との対戦でも、これまでの勢いそのままに鋭い立ち合いからまわしを許さず前に出る攻めに徹すれば勝負はおもしろくなります。

2敗に後退した貴景勝は正代との大関どうしの一番です。

過去の対戦は貴景勝が9勝5敗と勝ち越しています。

貴景勝は照ノ富士が負ければ千秋楽に優勝の望みがつながります。

優勝争いに残るためにも持ち味の突き押しでこの一番を制したいところです。