パナソニック 不正アクセス受ける 情報流出ないか確認急ぐ

パナソニックは、ことし6月から今月上旬にかけて、社内のネットワークが不正アクセスを受けていたことを明らかにしました。
不正アクセスを受けたサーバーには、自社の技術や取り引き先の情報などが保管されていて、会社では、外部への情報の流出がないか確認を進めています。

パナソニックの発表によりますと、社内のネットワークが今月11日に異常を検知したため調査を行ったところ、不正アクセスを受けたことが判明したということです。

サーバーには、会社の技術や取り引き先に関する情報に加え、従業員の個人情報などが保管されていましたが、ことし6月22日から今月3日までに複数回の不正アクセスが行われていたということです。

会社では、外部への情報の流出は、現時点では確認されていないとしていますが、セキュリティーの専門家による協力も得て、流出の有無などについて確認を進めています。

パナソニックは、去年11月にインドの子会社がサイバー攻撃を受けて、取り引き先の情報などが流出する事態が発生し、サーバーへのアクセスの監視を強化していました。

パナソニックは「今回の事態を厳粛に受け止め、引き続き情報セキュリティー対策と監視体制の強化を推進していきます」とコメントしています。