米軍オスプレイから水筒落下 沖縄県が外務省などに抗議

沖縄県宜野湾市の住宅の敷地内にアメリカ軍の輸送機オスプレイから水筒が落下した問題を受けて、沖縄県は外務省などに抗議し事故原因の徹底した究明などを求めました。

今月23日、宜野湾市にある住宅の敷地内にアメリカ軍普天間基地を離陸した直後の輸送機オスプレイから水筒が落下しました。

これを受けて沖縄県の謝花副知事は、外務省沖縄事務所の橋本尚文大使らを県庁に呼び、抗議しました。

そのうえで、謝花副知事は「同様の事故を繰り返し発生させているアメリカ軍の運用に強い疑念を抱かざるをえない」と述べ、アメリカ軍に対し、事故原因の徹底した究明や原因が分かるまでのオスプレイの飛行中止などを申し入れるよう求めました。

これに対し、橋本大使は「落下物の事案は重大な事故につながりかねない。わが国でのアメリカ軍機の運用に際して安全性が最大限確保されることは当然のことだという立場から改めて強く求めていく」と述べました。