小池都知事「第6波が来ないためにも 備えを着実に推進」

新型コロナウイルス対策で、東京都が新たな対策を決めたことについて小池知事は記者会見で「第6波が来ないためにも、備えを着実に推進する」と述べ、医療提供体制の整備を進める考えを示すとともに、年末年始の徹底した感染対策を呼びかけました。

東京都は、第6波に備えるため、政府がまとめた感染状況を示すレベルに都独自のレベルも加えることや、必要に応じてPCR検査などを無料にすることなどを盛り込んだ、新たな対策を決めました。

これについて小池知事は26日の記者会見で「第6波が来ないためにも、備えを着実に推進する。感染再拡大の兆候が見られるときには、先手先手で対策を実施し、社会経済活動の再生・回復につなげるため、万全な医療提供体制の整備を図っていく」と述べました。

そして、年末年始は旅行や帰省などで人の動きが活発になると指摘し「去年を思い起こしてもらいたいが、特に警戒が必要なのがこの時期だ。改めて『感染しない、させない』という基本の意識を共有して、引き続き協力をお願いしたい」と述べ、対策の徹底を重ねて呼びかけました。