小池知事 木下元都議辞職「みずから決めたことは是としたい」

無免許運転を繰り返したとして在宅起訴された、木下富美子元都議会議員が辞職したことについて、除名されるまで所属していた「都民ファーストの会」の特別顧問を務める東京都の小池知事は「結果として本人がみずから決めたことは是としたい。皆様にご迷惑をかけた点は申し訳ないと思う」と述べました。

木下元議員は、4年前とことしの選挙で、小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の公認を受けて立候補し、当選していて、小池知事はことしの選挙で事務所に激励に訪れています。

木下元議員が今月22日に辞職したことについて、小池知事は「結果として、本人がみずから決めたことは是としたい」と述べました。

また「私は応援に行ったが、その前に事故を起こしていたことは本人からも聞いていなかった。いろいろと皆様にご迷惑をかけた点は申し訳ないと思っている」と謝罪しました。

一方、木下元議員が辞職する前に小池知事と面会した際、再出発するときには相談に乗るという話をもらったと説明していることについて、記者団から、今後サポートすることはありえるのかと質問されたのに対し、小池知事は「どうするかは本人次第だ。そういう環境ができるのかは、なかなかハードルは高いと思う」と述べました。