性被害から身を守るための知識を 小学校で授業 北海道 函館

子どもたちに性被害から身を守るための知識を学んでもらおうと、北海道函館市の小学校で絵本を使った授業が行われました。

この授業は、函館市にある柏野小学校の1年生が対象で、絵本の読み聞かせが行われました。

雲の形をしたキャラクターが、からだの中の水着で隠れる部分は「プライベートゾーン」と呼ばれ、他の人に勝手に触らせたり触ったりしてはいけないことなどを伝えました。
絵本の読み聞かせのあと、子どもたちは内容を振り返り、キャラクターに宛てた手紙の中でそれぞれ感想をつづっていました。

男子児童は「人に見られたくないところは自分も見ないようにして、相手にも気を付けてもらえるようにしたいです」と話していました。

また、女子児童は「恥ずかしくて言えずに困っている友達がいたら代わりに大人に伝えてあげることを学びました」と話していました。

授業を企画した養護教諭の滝澤知優さんは「子どもたちは真剣に授業に臨んでくれました。他の学年への授業も検討し、予防教育を進めていきたい」と話していました。