株価 一時800円以上値下がり 約1か月ぶり2万9000円割れ

26日の東京株式市場、日経平均株価は一時800円以上値下がりし、取り引き時間中としておよそ1か月ぶりに2万9000円を割り込みました。

南アフリカで新型コロナの新たな変異ウイルスが確認され、イギリス政府が南アフリカやその周辺を対象にした渡航制限の強化を発表するなど世界経済の先行きへの警戒感が広がったことなどから、ほぼ全面安の展開となっています。