岸田首相 春闘で経済界に賃上げ要請検討

「成長と分配の好循環」の実現に向け岸田総理大臣は、来年の春闘で経済界に賃上げを促すことを検討しており、政府内では先に決めた保育士などの収入の引き上げ水準を踏まえ、3%程度を目標とすべきだという意見が出ています。

岸田総理大臣は「成長と分配の好循環」によって分厚い中間層を復活させたい考えで、26日、総理大臣官邸で開く「新しい資本主義実現会議」などを通じて、賃上げに向けた方策を検討することにしています。

こうした中、岸田総理大臣は、来年の春闘で経済界に賃上げを促すことを検討しており、政府内では、先に決めた保育士などの収入の引き上げ水準を踏まえ、3%程度を目標とすべきだという意見が出ていて、今後、具体的な議論が行われる見通しです。

賃上げをめぐっては、かつて、安倍内閣でも企業に賃上げを求め「官製春闘」とも呼ばれましたが限定的な動きにとどまったという指摘もあり、どのように実現を図っていくかが課題となります。