横浜 バス停事故 目撃者「ブレーキランプついていなかった」

25日横浜市戸塚区のバス停に車が突っ込んでバスを待っていた女性2人が死亡し、運転していた71歳の会社員が逮捕された事故で、事故を目撃した人が「車のブレーキランプがついていなかった」と話していることが捜査関係者への取材で分かりました。警察は当時の運転状況などについて詳しく調べることにしています。

25日午後2時半すぎ、横浜市戸塚区平戸町の国道沿いのバス停にワンボックスタイプの車が突っ込んでバスを待っていた4人がはねられ、戸塚区の医療事務員、大澤弥生さん(45)と横浜市泉区のパート従業員、澁谷幸恵さん(56)が死亡しました。

警察は車を運転していた71歳の会社員をその場で逮捕し、過失運転致死傷の疑いで調べています。

これまでの調べで車はバス停の数十メートル手前から、歩道に乗り上げて走り、突っ込んだことがわかっていますが、事故を目撃した人が、「車のブレーキランプがついていなかった」と話していることが、捜査関係者への取材で分かりました。

調べに対し、会社員は「事故を起こし、人にけがをさせたことは間違いない」と供述し、容疑を認めているということで、警察は当時の運転状況などについて詳しく調べることにしています。

死亡した大澤弥生さんの自宅近所に住む男性「感じの良い人」

死亡した大澤弥生さん(45)の自宅の近所に住む男性は、「週末に洗濯物を干したり子どもやだんなさんと出かける様子を見て、感じの良い人だと思っていた。事故で亡くなったと聞いて、まさかと思った」と話していました。