大相撲九州場所13日目 1敗の大関 貴景勝と平幕 阿炎が直接対戦

大相撲九州場所は13日目、全勝の横綱 照ノ富士を追う1敗の2人、大関 貴景勝と平幕の阿炎が直接対戦します。

九州場所は、25日の12日目を終えて照ノ富士がただ一人全勝で、1敗で貴景勝と阿炎が追う展開です。26日の13日目は1敗の2人が直接対戦します。過去の対戦は2勝2敗と五分の星です。

今場所の貴景勝は立ち合いでの低く、鋭い当たりやタイミングのいい いなしで白星を重ねています。一方、かつて小結までつとめ、今場所、7場所ぶりに幕内に復帰した阿炎も力強い突き押しで相手を圧倒する相撲を見せてきました。立ち合いから激しい突き押しの攻防になるとみられ、優勝争いに大きく影響する一番となります。

その優勝争いをリードする照ノ富士は、関脇 御嶽海の挑戦を受けます。過去の対戦では11勝4敗と照ノ富士が勝ち越しています。

今場所の照ノ富士は胸を合わせてからの安定感は抜群で、まわしを取れば優位は揺るぎません。御嶽海はまわしにこだわらずに攻めて、まずは慌てさせたいところです。